annex of S

SIN CITY 11

2021/11/25
SIN CITY

cin city表紙SIN CITY

SIN CITY
(SF)

11



side C


はやる気持ちでバーの扉を開け、ユノを捜した


一人のバーテンが氷を砕きながら顔を上げる
「いらっしゃいませ」
「ユノは?…いますか?」


彼は首を少し傾げながら、それでも僕ににこりと微笑んだ
「ユノさんは今ご予約が入っておりまだ戻られません」


僕は思わず溜め息をつく
予約…
自分だってそうしたのに、今では恐怖の言葉のように感じる
今、どこの誰に何をされているのだろうか
考えただけでも頭に血が上る


「何か…お飲みになりますか?」
バーテンの言葉に僕は軽いトニックをオーダーし、足元に置いた黒いケースを確認した
とりあえずユノに会い、予約という形でこれをユノに渡したい
僕の説明に耳を傾け、受け取ってくれるだろうか…
緊張しながらグラスが空になり、また追加をオーダーする


とその時、カウンター横の扉からユノが戻ってくるのが見えた
その隣には中年女性
女性はユノにハグをして、愛おしそうに、とても可愛いと言うようにユノの頭を撫でる
それから、「また来るわね」
そう言って店を出て行った


僕は戻ってきたユノと目が合う
ユノは一瞬ハッとして、それから初対面のように僕に微笑んだ
「いらっしゃいませ」


僕もユノに合わせて微笑み返す
それからすぐに予約を取り、先程のバーテンに会釈をして裏の迷宮のような廊下をユノと歩いた


「てっきり男だと思ったら女性も抱くんだ…いい人そうで良かったけど…」
「まあいい人だったよ、そんないつも酷い人間ばかりじゃないよ」
ユノはそれだけ言うと寡黙になる
それから部屋に入ると真っ先に制服のボタンに手をかけ、シャワールームへ行こうとした
僕はその手首を掴んで首を横に振る
「…そんな事しに来たんじゃないよユノ」
「どうして?」
「僕らは友達…なんだろ?あんたがまだそう思ってくれてるなら…」


僕の言葉にユノは薄く笑ってソファーに腰掛けた
「思ってるチャンミン、でもね…」
ユノがそう言いかけたから、僕は手に持っていたケースをさっと開けてユノに見せる
「人の網膜コンタクトとチップだよ、予備分と合わせて2セットある。ユノこれでこの街から出てみない?」
そう言ってケースを閉じようとすると、ユノは僕の手を止め中身をしげしげと眺めた


「これ…」
「知り合いに凄い奴がいてね…人間に化けてここを出ろって。ユノの記憶力の事や今抱えてる疑問が晴れるかも」
「だけどどうやって…?」
真剣な眼差しを僕に向け、それからユノはまた視線を落とし中のガラスケースを食い入るように見る
僕はユノの肩に手を置いて、諭すように説明をした


「前に言ったでしょ、駅からここを出るんだよ。何とかして出れない?出たら僕が待ってるから一緒に彼のところへ行こう」
「えき…」
「そう駅だよ、行っちゃいけないなんてプログラミングによって思い込まされてるだけ…何とかして駅まで来てユノ。今堂々と僕と帰るのはマズい、だから休みの月曜日にしよう…時間と場所を決めて落ち合うんだ」


ユノは暫く黙ったまま答えなかった
だけど僕はじっとユノの返事を待った
ユノは俯き、それから僕を見る
そして苦笑いとも笑い泣きともとれるような表情になって、顔をくしゃくしゃにした
「チャンミンどうしてここまでしてくれるんだ…?」


何と答えようか僕は迷った
確かにバーに入った時から一目惚れだった
なんて美しい人なのだろうと、思ったんだ
そして迷いなく、この世界のシステムに甘んじてユノを簡単に抱いた


好きだからだよ、なんて軽々しい言葉は使う気になれない
代わりにユノを抱き締め、背中をトントンする
「僕がユノと友達になった初めての人間だから」
そう言うとユノはぎゅうっと僕の背中に腕を回した
「オレがんばる……何とかしてエキにいく…」
「うん‥来て」


温かい、まるで人そのものの温もりが僕に伝わる
だけどこのまま抱き合っていたら、ユノを何とかしたくなってくる‥
僕はさっと体を離してユノにケースを渡した


「2日後の月曜日、駅に人の多い10時ぐらいにしようか……混雑時に紛れるんだ。コンタクトとチップは直前に入れて来て」
「わかったチャンミン、約束する」


僕が小指を差し出すと、不思議そうな顔をするユノ
僕はフッと笑ってユノの右手の小指を自分の小指に巻きつけた
「約束のサインだよ、絶対守るってサイン」


ふわりと笑ったユノの笑顔は、僕の宝物かもしれないとその時思った
この笑顔をずっと守りたい、そう思ったんだ










守りたい、この笑顔 (∵)

ブログ村二次BL小説へ(SIN CITY)
B L O G M U R A
スポンサーサイト



にほんブログ村

Comments 12

j-la

(;つД`)…ヤクソク…
なんかお互いが一生懸命で泣けるわぁ
しかしユノは一人でくるのね!駅知ってるの?ユノ大丈夫かぁ ←イロイロ心配性

sariさんどうでもいいけど補足のこの笑顔、ユノ真顔で笑ってないけどね(爆)
地味にウケる

2021/11/25 (Thu) 23:56

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/11/26 (Fri) 00:02

nanami

指切りのシーンにじーんとしました....
ユノさんチャンミンと一緒に出ないんですね。
上手く落ち合える事を願っていますが、どうなるのかな....
もうずっと緊張感すごくて、でも読んじゃうsariさんマジック(笑)
続き待ってます。

2021/11/26 (Fri) 00:15

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/11/26 (Fri) 00:23

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/11/26 (Fri) 00:26

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/11/26 (Fri) 01:07
sari

sari

Re: タイトルなし

j-la様
ユノ約束好きになったよ^^;覚えたからね。その心配は次回で何とかしてますよ。大丈夫。あ…気付かれた(笑) だってユノのデフォルトが∵←これ以外にないから…

2021/11/26 (Fri) 16:19
sari

sari

Re: タイトルなし

マ*ャ様
そうですねどんどん人間臭くなってます。それもこれもチャンミンの愛情です♡ いや、実は他にも理由が…

2021/11/26 (Fri) 16:20
sari

sari

Re: タイトルなし

nanami様
指切りやら色々ユノ知らなかった事覚えていきます。一緒に出ない理由として次回の話があるんだけど、まだいえなくて(笑) 次待ってて~

2021/11/26 (Fri) 16:20
sari

sari

Re: タイトルなし

a*u-kn*w様
ここ心配なとこよね。チャンミンホームにスタンバイだからな…('・J・`)
あ、そこやぱ目いくよね。余計アピられてる気する。踊る曲なら擦れてピコってなってもええよ(〃▽〃)←変態目線

2021/11/26 (Fri) 16:21
sari

sari

Re: タイトルなし

sum*様
ありがとうございます^^ そうですねお互いが今できる精一杯。ユノ進もうとしてるよ。あと半分、見守ってあげてください♡

2021/11/26 (Fri) 16:22
sari

sari

Re: タイトルなし

こう*様
そうユノ一人ですよ。でもユノは強い子だから~(/∵)/
指切りも覚えたし、使っちゃうよ(笑)

2021/11/26 (Fri) 16:23
COMMENT*お気軽にどうぞ*
sari
Admin: sari
Twitter鍵垢をお知りになりたい方はお問い合わせ下さい。トップ固定記事内に追記のリンク(こちら)に詳細を記載しています。
サイト内作品の模範、文章及び画像の無断転載、転用、販売等は著作権侵害に該当する為固くお断りします。


annex of S - にほんブログ村
SIN CITY