annex of S

Light in Darkness 14

2021/08/09
Light in Darkness
(⚠この章は裏描写を大量に含みます)※R18ミンホです。登場人物は全て実在の人物団体等とは無関係です。高校生以下の方の閲覧はお断りしています。

L in D
→この作品について。パラレル/エロティックサスペンス/R20deep/刺激が強いお話なのでご注意下さい(SM表現等も有り)※レラユノからのミンホです、HCが悪役で出てきますがお話の中であっても辛い方は読まれないようにして下さい。



Light in Darkness

14





─C─


指定されたホテルに少し早めに入り、その時を待った
綺麗な所だが普通ではない
部屋を見回しながら僕はぽつりと独り言を吐き出した
「そっち専用か…」


奥の赤い部屋にはご丁寧に道具まで用意されている
順番に見ていき、その一つを手に取って眺める
何だかわからないジェラシーのようなものが一瞬込み上げた
そして同時に、口にもできないような卑猥極まりない単語が浮かび上がる


だけど僕は静かにユノを待った
腕時計を見る
もうすぐ時間だ


ふっと溜め息をついた時、部屋が軽くノックされた
僕はわざとタイを締める
ギリギリまで上に


「ああ入って」
僕の声にドアが静かに開けられる
それから背の高い男が入ってくる
ユノは意外にも、かっちりしたスーツを着こなしていた
淡いベージュ色のジャケットがよく似合っている


きゅっと上がったユノの口角が徐々に下がっていくのは想定内だった
ユノは僕を見てとっさに後ずさるから、その腕を捕まえて引きずり込む


「チャ…っ」
ロックをかけてから僕は手を離し、ユノをじっと睨んだ
その黒い瞳の奥で今何を考えているの?
読めないんだ
仕事の顔になっているのか?


「ユノ…?」
「宜しく…お願いします」
ユノはそう言うなり僕を無視してベッドまで歩いていくと、すとんと座って上着を脱ぎはじめた


「ちょっとユノ…」
「チャンミンは何が好み?縛る?それとも…」
「ユノ!」


僕は思わずユノの頬をグーで殴った
と思ったらそれを素早く拳で制される


「チャンミン帰れ」
ユノはそう言って僕の拳を突き返し、立ち上がった
「俺のことわかったならもうサヨナラだから」
「…ユノ」
「それとも高い金無駄にするの?今日なら何でも…受けるよ」


なんて色っぽい顔をするんだろう
これから始まる前戯の合図のように、そうやって客に言ってきたのか


「あんた俺を嵌めたのか、わかってたけどこんな…」
「ごめんねチャンミン、色々話せない事情が多くて」
「話せない?そりゃそうですよね?言ったら僕追い出してましたからね!」


そんなに軽蔑しなくても
小さい声が聞こえたけど、無視をする
無視して腕をひっつかみ、そのままユノを奥の赤い部屋に連れて行った


「さあここでどうするんですか?何でも受けるって言いましたよね、やってもらいましょうか」
「チャンミン…っ」
「大金無駄にする男は成功できないって言いますよね?…僕は今苛立ってるんだ……」


あなたにこんなことしたくない
こんな予定はない
だけどその顔を見ていると苛々してくる


よくも僕を騙したな
いや、仕方なかったんだ
だけどよくも…
ずっとこれを行ったり来たりで、混乱が消化できてない


ぎゅっと結んでいたタイをがさつに解き、僕は床に投げ捨てた
続いてユノに手錠をかけてベッドになぎ倒す


「僕にまだ言ってないことって何ユノ」
「ぁ…チャン…ミやめ…」
「知ってます?海外の取り調べって拷問が日常なんですよ、なかなか吐かない時」


ユノは僕にそれを装着されると大人しくなった
覚悟を決めたようで、だけど僕が相手という動揺に黒い瞳がゆらゆら揺れている


ねぇユノ
僕のこの、何だかわからない嫉妬を沈めてくれ
僕の苛立った指なんて良くないはずなのに、ユノはそれでも反応する


「…ぁ…、あ」
「言わなきゃ一生イかせないから」
執拗にいいところを擦ってやる
まだ足りないみたいだから僕自身を挿し入れると、装着されたプラグの隙間からじわっと液が滲んだ


「んっ……あぁ…ぁ…」
「ずっとこうしててあげますよ」
「ああチャンミン…っ…か…せておねが…っ…」
「お願いしますは?」
「ぁおね…が……し…ま………」
「じゃきくよ?ユノ…ユノは誰から逃げてきたんですか?」


僕の質問にユノは答えない
僕はユノが気が狂うくらいの緩い注挿でまた尋ねる
「SHJのボス、ですね?」
こくこくと頷くから外すふりだけして勘違いさせ、僕はユノを自分の上に乗せて突き上げた


「ゃあぁ…っ…」
「だってまだ全部言ってないでしょ…?調べたけど最近退院したみたいですよ彼、心臓は無事だったって。…誰にやられたんでしょうね」
「あ…あっ…っ、チャ…んみ……あいし…てる…っ」
「あ?…そんなこと言ったって無駄ですよね」


もういいだろうか
だけどまだ駄目だ
ぽろりと落ちた涙に心がぎゅっとなって頭がおかしくなりそうになるのを堪える
そうして僕はそれを繰り返し、途方もない駆け引きで時間は過ぎ
ユノはどろどろになっていった


「イきたいね…ユノ…、ハ…僕はもうイきそうですよ…ああ出すよ」
「ん…っ…あぁ…っ…」
中で出されて感じたのかユノは僕を締め付けながら身震いする
脚をいっぱいに広げて、そんなことをしても無駄なのに
そのまま射精できないまま、何度も緩い絶頂を繰り返せばいいんだ


「チャ…ンっ…ミ…ぃ……」
「何ユノ…」


ユノは僕を震えながら見下ろし、僕の胸に手をつく
なんて、切なそうな表情なんだろう
その小さな唇から低い声が漏れる
俯いたユノの前髪が、さらりと落ちる


「…レが…刺し…た…」
胸の上で、手錠がガチャリと音をたてた


「ユノ」
「愛してた、けど……殺っ…た…」


僕はユノの手首からそれをすぐさま外して胸に引き寄せた
降ってくるのは美しい泣き顔
紅い唇
舌を絡めながら腰を突き上げプラグを引き抜く
みるみる溢れてくる愛液が僕の腹部に垂れ落ち、ユノは僅かに残った羞恥心を手放して意のままに腰を振った


「あぁっ、あぁぁ……」
「…もっと吐き出してユノ」
「っ…あぁぁ……っ…ンミン…ご…め………」
「いいよ、ユノ…もう‥」


ぜんぶ吐いたら楽になれるのかな
そんなわけない
わかっていたんだ
あなたの心が落ちては来ないってこと
誰かのことを想っていたこと













シャワーで全てを流して服を着て
僕はぎゅっとユノを抱き締め時計を見た


「さ、帰りますよユノ」
「え…」
「とにかく今から連れて帰る、話の続きはそれからで」
「そんなことしたらチャンミンお前…っ」
「もう、いいから」


僕はユノの手を引いて部屋を出た
車に無理やり押し込めてエンジンをかけ、ユノを拉致る


これは高い買い物だ
相当高くつく
わかっているんだ












つづく

本日パスの件でご連絡頂いた方々へ。まだ私からのメッセージがない方はスペルミス等が考えられますのでその場合は再度お問い合わせください。受け取られた方は保存お願いいたします。

ブログ村二次BL小説へ投票(ユノpink) 
スポンサーサイト



にほんブログ村

Comments 12

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/08/09 (Mon) 00:20

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/08/09 (Mon) 00:33

みん

ううちゃんみなーーー😭
かっこよすぎる。。。
私彼好きです✨
ここまでしてくれる人ってなかなかいないです😭
ゆのをラチって逃亡劇が始まるのかな❓
と今回は予想してみました。。。

2021/08/09 (Mon) 01:11
sari

sari

Re: タイトルなし

林*様
ご丁寧にご報告ありがとうございます。そうですね、簡単にはいかなさすぎる事が多過ぎますね、ドロドロ‥💧
ひりひりごめんなさい(人ω<`;)上げて落として上げて‥いきたいと思います笑

2021/08/09 (Mon) 09:46
sari

sari

Re: タイトルなし

*の**む様
社長、うん‥確かにいい男ですね。こんな優しいドS様いません笑
仰る通りユノだから‥なのかもしませんが。でも彼もユノにだけ構ってもいられないんですよぉ←予告

2021/08/09 (Mon) 09:47
sari

sari

Re: タイトルなし

みん様
ですよね、なかなかっていうか絶対いないと思います。だって狙われるの自分になってくるって普通分かる事だし。あ‥その予想は半分だけ正解かもしれない笑

2021/08/09 (Mon) 09:48

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/08/09 (Mon) 12:00
sari

sari

Re: タイトルなし

橋*光*様
いえいえ、とんでもありません。firstloveの印象そんな感じでしたか(笑)よく言われますがドロドロにしてもどこかですぱっと切るので安心なさって下さいね。⤴⤵こんな感じで。添付先にurlとパスお送りしますね。

2021/08/09 (Mon) 12:12

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/08/10 (Tue) 23:11
sari

sari

Re: タイトルなし

ゆ*ゆの様
今晩は。14話にコメありがとうです。このユノヤバいです。うん、多分ヤバい←自分で書いといて
こんなのきたらみんな堕ちますネ(._.)φ
あ、ちょっとお知らせの記事のコメレスご覧下さい。何故かメールが送れなくて…

2021/08/10 (Tue) 23:17

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/08/15 (Sun) 20:25
sari

sari

Re: タイトルなし

k*yo様
今晩は。いえいえ遅れだなんて。じっくり読んで頂いてるんだなーって嬉しいです。ここホテルのとこの章ですよね、ここは本当に大変なことになってますよね、チャミの嫉妬心だとか欲望とか複雑でドロドロしてます。あとそうですね、そう言うユノさん連続して頂ければと♡ 今ざっとまたどんなんだっけ~て読んだけど器具装着されてますやん(笑) ユノごめん←もう遅い
k*yoさんのペースでゆっくり先へお進み下さいね。

2021/08/15 (Sun) 23:29
COMMENT*お気軽にどうぞ*
sari
Admin: sari
Twitter鍵垢をお知りになりたい方はお問い合わせ下さい。トップ固定記事内に追記のリンク(こちら)に詳細を記載しています。
サイト内作品の模範、文章及び画像の無断転載、転用、販売等は著作権侵害に該当する為固くお断りします。


annex of S - にほんブログ村
Light in Darkness