annex of S

Light in Darkness 21

2021/08/14
Light in Darkness
※R18ミンホです。登場人物は全て実在の人物団体等とは無関係です。高校生以下の方の閲覧はお断りしています。

L in D
→この作品について。パラレル/エロティックサスペンス/R20deep/刺激が強いお話なのでご注意下さい(SM表現等も有り)※レラユノからのミンホです、HCが悪役で出てきますがお話の中であっても辛い方は読まれないようにして下さい。



Light in Darkness

21





─Y─


朝焼け、薄紅色
段々と層を造る雲が綺麗だ


こんなふうに早朝から空を見上げたことなんてなかった
全てがどうでも良くて、でもすべてが愛おしいような不思議な気持ち
僅かな時間だったけれど、俺の人生はこんなにも豊かになった
全部、チャンミンを知ってからだ


「ああユノ、今帰りか?」
幹部候補のシウォンがちょうど車から降りてきて、屋敷に入る俺の肩に手を置く
「お前愛人だったんだろ…ボスの」
「ああ」
「何やらかしたんだよ」
「まあ、色々と…」


にやりと笑ったのは虚勢を張ってのことだ
愛人のまま終えていくなんてまっぴらだ


「…ヒチョルは?」
「ああ女と寝てるよ、お前さ…態度デカいなあまり調子に乗るなよ?元東方組の息子さん」
彼はそう言って俺の背中をどんと一度押した


高そうなスーツ、それに靴だ
どんな事をやってきたんだろうか
俺はどんな事をやるんだろうか
いや、俺はもう…











「なんだユノか、どうした?ちゃんと殺ってきたか?」
ヒチョルは女といたであろうベッドから素っ裸で出て来て、ローブを羽織り俺に歩み寄った
「お前…なんか変わったな、やっぱり箔がつくとそうなるか本性が出てきたんだな」
「ヒチョル」
「ん?」
「俺を始末しろ」


唐突の俺の台詞に、眠そうだった目が大きく開かれる
それから彼は考え巡らせている
そうだよ、分かっただろう?


「できるわけないだろ、大事な人を」
俺はそう言ってジャケットの内側からマグナムを出すと彼に手渡した
「安全装置は解除してあるから」


「なんでだ?」
彼はそれを受け取らない
「なんでなんだ?なにもお前…っお前が死ぬことないだろ…あと一週間やるから遠慮せずにやってこいってユノヤ」
「永遠にやらないよヒニム、だからこれは俺の責任…この世界はそうだろ?」
「ハハハ…お前…馬鹿なのか…?」


そんなふうに馬鹿にしたように嗤って
混乱してるんだろ?
どうしてかわからない?
わからないからだろう
あなたに、教えたかったよ


「大切な人を想ったら出来るんだよ、二回目だけどね」
俺はそう言いながら銃口をこちらに向け、彼にそれを無理やり握らせた
「一度目はあんただったよ、死ぬほど好きだったな……ありがとう、俺を生かしてくれて」


本当だよ
感謝している
あなたは俺を愛してもくれた
それはぐちゃぐちゃに歪んでいたけれど


…どうして?
どうして泣くの
その女より綺麗な顔が歪んで俺を見る
そんな顔、見てみたかった
もっと早くに
 

…今知ったの?
遅すぎるよ
だけど、俺を愛したまま、殺して
殺せばいいよ


彼はそれを、やっとぎゅっと握る
俺に向けて構え、口角を僅かに上げる


そして次の瞬間
それを思いきり壁に投げつけた


ガゴンという鈍い音と共に、壁が抉れて凹む
呼吸が乱れて、俺に伝う


「消えろ、今すぐオレの前から消えろユノ……」
彼はそう言ってローブの前を直し髪をかきあげる
それから俺の顎を掬って唇を近付け、俺の唇を素通りして耳元で低く囁いた
「出来るだけ遠くへ行け…少しでも姿が見える所にいたらまた連れ去って犯すぞ」
「どういう…意味…だ…」
「お前の稼いだ額はマネーロンダリングしてから口座に入れておく……ちゃんと資金洗浄されてるから安心して使え」


力が抜けてがくんと膝をついた俺に手が差し伸べられる
何度も掴んだこの手
それは今、俺を引き上げて、そして俺を大きく突き放す


「…ユノ行け…気が変わるぞ」


俺は初めて彼の前で涙を堪えた
だって、あなたが泣いているから、俺まで泣いたら馬鹿みたいだろ‥?


「……行けって!!」
大きな声が部屋に響き渡り、俺はくるりと背を向けて部屋を出た


部下が何事かと足早に去る俺を見ている
俺を止めようとこちらに伸びる手
それをぴしゃりと制する彼の声が背中越しに聞こえた


とめどなく涙が溢れた
走馬灯のように流れてくる過去
最後の涙


ヒニム、あなたの言う通りにするよ
いつも言うとおりにしてきたから
誰からも見えなくなる程
俺は遠くへ













つづく

拍手コメ下さったみっ*ちゃ*様。20話の拍手ページ下部にお返事済みです。

ブログ村二次BL小説へ投票(ユノ) 
スポンサーサイト



にほんブログ村

Comments 4

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/08/14 (Sat) 00:45

nanami

ユノは解放されたのですね……
自由になれて良かった。
でも,遠くへ行かなくてはいけない。
チャンミンとは離れてしまうのか……
もうすぐ終わりで、寂しいような、早く結末が知りたいような、
複雑な気持ちです。

2021/08/14 (Sat) 01:12
sari

sari

Re: タイトルなし

*の**む様
そう言って貰えて良かったです(/_;)もうなんかただただ悪い男みたいに書いてきたから苦しくなってきて(笑)そうですね、あと二話にどうして纏まるの状態ですがいつものように何とかしてます。続きお待ちになって♡

2021/08/14 (Sat) 11:58
sari

sari

Re: タイトルなし

nanami様
お久しぶりです。そうですね、自由になれて良かったです。そう遠くなんです、じゃないとヤバいってわかってますからねユノも。それがどこかって話ですが。あと残すところ二話ですがお付き合い下さいね♡

2021/08/14 (Sat) 12:00
COMMENT*お気軽にどうぞ*
sari
Admin: sari
Twitter鍵垢をお知りになりたい方はお問い合わせ下さい。トップ固定記事内に追記のリンク(こちら)に詳細を記載しています。
サイト内作品の模範、文章及び画像の無断転載、転用、販売等は著作権侵害に該当する為固くお断りします。


annex of S - にほんブログ村
Light in Darkness